自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

顔の引きつりの原因と克服方法

自分にOKを出す心の講座緊張、あがり症、赤面症顔の引きつりの原因と克服方法

緊張から来る「顔の引きつり」の原因と克服方法

顔の引きつり

人前に出たり、人と話をするときに顔が引きつってしまう。
ほおやまぶたがピクピクけいれんしてしまい、人と接することが苦手になってしまう。そんなお悩みを抱えている方がいらっしゃいます。

では、

  • なぜ顔が引きつるのか?
  • その原因は何なのか?
  • なぜ自分でコントロールできないのか?
  • 引きつりの対策はあるのか?

ということをお伝えします。

顔の引きつりの原因とは?

顔の引きつりや顔面がピクピクけいれんする症状。その原因は「緊張」です。

ではなぜ緊張するのか?さらにその原因を探ると、それは「自己評価への恐れ」なのです。

誰しも人からは嫌われたくありませんよね?できるだけ人から気に入られて評価されたいと思います。

ですから、「人に嫌われてはいけない…」「バカにされてはいけない…」「ヘンな人と思われたくない…」そんな自分に対する他者の評価を過剰に意識してしまうと、それが自分に対するプレッシャーとなり、緊張に結びついてしまうのです。

ですから、以下の症状も実は根本的原因は同じなのです。

  • 顔の引きつり
  • 赤面
  • 発汗
  • 体の硬直
  • 手足の震え
  • 声の震え
  • 思考のフリーズ(頭が真っ白になる)

顔の引きつりの治し方

小学校時代は毎回、学級委員長に選ばれるなどして人と話すことなど全く違和感は無かったのですが中学校3年生の春に転校したことをキッカケに人と話すときまぶたがピクピク動く症状が出始めました。

その後、日が経つにつれ症状がひどくなり人(親しい、親しくない関係無く)と話すとき緊張し上唇が震え目つきも悪くなり人から「顔が怖い」などと言われるようになりました。

人から「顔が怖い」や「怒ってる」など言われること自体が怖くなり人と会うと毎回、緊張し肩が痛みを感じるほど固まり顔が引きつり汗が吹き出るという症状に悩まされてきました。私は笑顔で人と話したいのにそれができない辛い毎日を送って参りました。

Q2.セラピーの良さはなんでしたか?

期間で言うと約3週間、回数で言うとたったの3回通うことで40年近く自分にとって辛いと感じてきた症状をほぼ無くすことができたことが良かったと思います。セラピー自体も中村先生からの質問に答え言われた通りやればいいだけなのでとても簡単でした。そしてその後のサポートもあることが安心できました。

Q3.セラピー後にどんな変化を感じましたか?

初めてセラピーを受けた直後、セラピールームを出てすぐに大きな変化を感じました。具体的には自分に自信が出たという感覚ではなく「恐怖心を感じなくなった」という感覚でした。その時初めて自分は24時間、常に人と話す恐怖心を感じながら生活していたんだと気付きました。それ以降、睡眠時も熟睡できるようになりました。

Q4.悩みを抱えている方に励ましのメッセージをお願いします!

私はこれまで自分が弱い人間、性格が悪い人間だから顔が引きつってしまうんだと感じ自己啓発の本をいろいろ読んできました。ただ根本的原因を解決できなかったため症状が改善することはありませんでした。中村先生のセラピーではその根本的原因を短期間で解決できるため自分自身しかわからない悩みが一気に改善されます。



ココロの無料メール講座



関連記事

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional