自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

自信を喪失させる「3つの思考法」とは?

自信を喪失させる「3つの思考法」とは?

自信がない

あなたは自分に自信がありますか?

「いいえ、自信が持てません…」という方も少なくないと思います。

ではどうして自信を喪失してしまうのでしょうか?



私たちはついつい自分のできることではなく
できないことに意識が向いてしまいます。

「できていないこと」というのは、
短所や欠点など、自分に足りない部分ですよね。

「自分にはできていないことがたくさんある」

という考え方が、実は自分を知らず知らずのうちに
追い詰めてしまうのです。

「自分を追い詰める3つの考え方

というものがありますのでご紹介します。

1.自分の悪い面を過大評価する
2.自分の良い面を過小評価する
3.悪いことが起こったら、それを一般化する

この3つです。



例えば、何か悪いことが起きた時、

・それを全部自分のせいにしたり

・ミスを大げさに考えすぎたり、

・他人と比べてできない自分に大きな劣等感を感じたり

そんなことはありませんか?

そして、

「自分はまだまだ欠点だらけだ」
「自分はダメ人間だ」

という思い込みを強化してしまうのです。

これが1番の
「自分の悪い面を過大評価する」です。

次に2番の「自分の良い面を過小評価する」です。

何か良いことが起きたとします。

そんな時には

「これはたまたま偶然だ」
「他の人の力だ」

自分の良さを認めません。

人から褒められても、それを素直に受け止められず、

「あの人は勘違いしている」
「自分はそんに素晴らしくない」

自分の良い部分を否定してしまうのです。

せっかく自分の良い面が表に出かけたのに、
それを「なかったこと」にしてしまうのです。

最後に3番の
「悪いことが起こったら、それを一般化する」

これも非常に多いですね。

悪いことが起きたら、

「やっぱり私はダメだ」
「いつもこうだ」
「これまでも決してうまく行ったことがない」
「みんな私を変に思っているに違いない」

というように、

実は悪いことは、ごくごく一部分でしかないのに
たった一度や二度の出来事なのに、

「やっぱり」
「いつも」
「決して」
「みんな」

という言葉をつかって、それを全体に広げて
一般化してしまうのです。

このように、3つの考え方で自分を追い詰め
そして自信をなくし、

「やっぱり自分はダメだ」

と自分で勝手に結論づけてしまうのです。

では自分を追い詰めないようになるためには
一体どうすれば良いのでしょか?

実はそれには3つの方法があるのです。

その3つの方法とは、これです。




今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


自分らしさ ブログランキングへ



もし、今のあなたが自分にOKが出せないのでしたら是非こちらをお読みください。

【無料メール講座】自分にOKを出すココロの講座

このココロ講座では以下のことがわかります。

・自分にOKを出すと得られる5つのメリット
・今の自分を正しく理解するコツ
生きるヒントを発見する6ステップ
・人間関係を劇的に改善させる「秘密の言葉」
・心のブレーキを解除して自分らしい人生を歩むための5つのステップ
・欠点を克服せずに転換する方法

その他にも、あなたの心を軽やかにする「なるほど!情報」が満載です。

ご登録はこちらから!

コメント


認証コード0350

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional