自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

怒りの原因と、解消方法

怒りの原因と、解消方法

「言う事を聞かない子どもにイライラ!」
「感謝の言葉一つない夫(妻)にムカムカ!」

「無理難題を押し付ける上司にカチン!」
「何度も同じことを言わせる部下にブチ切れ!」

そんな、押さえ切れない怒りが込み上げる
瞬間ってありますよね。

怒り!

でも、イライラ、ムカムカ、カッカして
一番損をするのは、自分自身なんですよね。

集中力は落ちるし、時間は無駄になるし、
ストレスは溜まるし…いいことないのです。

頭では、

「もっと心を穏やかに!」
「冷静に!」
「笑顔に!」

と思っても、どうしても耐えられない場面があるのです。



では、そもそも怒りの原因ってなんでしょうか?

「そりゃあ~相手のワガママや身勝手、努力不足が原因でしょ!?」

確かにそう思いますよね。



実は怒りの根本的な原因は「ズレ」なのです。

自分の予定と、相手の行動のズレ

自分が期待する役割と、相手の行動のズレ

そんなズレが原因なのです。



どういうことでしょうか?

例えば、最初の例の
「子どもが言う事を聞かない」という場合には、

大抵の場合親は子どもに対して
「○○して欲しい」という予定があります。

・この時間に起きて、
・この時間に学校に行って、
・帰ってきてからこの時間までには
・宿題を終わらせて、この時間には布団に入る…


そんな、親としての予定があるのです。

でも大抵はその通りに動いてくれません(笑)



こうやって、

親が考えている予定と、
子どもの行動のズレが大きければ大きいほど、
イライラ度も増えるのです。

また、「子どもは親の言うことを素直に聞くものだ」
という役割を子どもに期待しているかもしれません。

でも子どもは口答えをする。

そこにもズレが生じ怒りが発生します。


次にこんな場面です。

自分は何もしないのに、難問ばかり押し付ける上司。

「このバカ上司が!!」ってムカつきますよね(笑)

口には出せませんけど(汗)

この場合にも、もしかすると自分の中には
あらかじめ仕事の予定があったかもしれません。

あの仕事の納期は今週末だからこの調子でやれば良いよな。

この仕事は明日が期限だから今日中に終わらせよう。

というように、自分の中では予定が出来上がって
いるかもしれないのです。

でもそこに何も考えずに土足で入り込んで来る
突然の仕事。。

まさに予定のズレが起きてムカッとするのです。



しかも上司は「やって当然」のような態度で
仕事を頼んできます。

「もっと部下を気遣ってくれよ!」
と心で叫んでいるかもしれません。

これは役割のズレです。


自分が上司に期待する役割は

「上司たるもの、部下の仕事内容を把握して
的確な仕事配分をするものだ!」

というものです。

でも、目の前の上司は全くその役割を果たしてくれません。

そこに、こちら側とあちら側の役割のズレが
発生するのです。

ではこのズレをどう解消するのか?

◆予定のズレの場合

・「単に自分の予定が狂って困っているだけかも?」
と自分に問いかける。

これで“瞬間湯沸かし器”的な怒りは手放しやすくなります。

・相手の予定を確認する。

相手にも譲れない予定があるのかもしれません。

・妥協点を探す

自分と相手の予定のズレを修正します。
単にコミュニケーション不足の場合もよくありますので、
まずはお互いに話すことが大切です。



◆役割期待のズレの場合

・自分が期待していることを明確にする

・それが相手にとって現実的な期待か考える

・自分の期待が相手に伝わっているか考える

・相手が自分に期待していることを明確にする

・相手が本当にそれを期待しているのか確認する

・その期待は自分にとって受け入れられるか考える

・受け入れられない場合には相手に相談する



文章に書くとなんとも“まどろっこしい”ですね(汗)


例えば上司に突然仕事を頼まれた場面ですと、

・まず自分が相手に期待する役割を確認する。

「もっと部下の仕事を把握して割り振ってくれ」

・それが相手にとって現実的な期待か考える

「もしかすると自分の仕事のボリュームをわかってないかも」

・自分の期待が相手に伝わっているか考える

「今は忙しいからできない、と伝えないとわからないかも」

・相手が自分に期待していることを明確にする

「今すぐにこの仕事をして欲しいはず」

・相手が本当にそれを期待しているのか確認する

「本当に急ぎの仕事なのかは聞かないとわからない」

・その期待は自分にとって受け入れられるか考える

「今日中とかだったらムリ、今週中なら何とかなるかも」


ここまで考えると、次の行動が見えてきます。

こんな風に上司に話ができるかもしれません。



「先程ご指示頂いた仕事は期限がいつまでしょうか?」

「実は今○○の仕事を抱えていまして、それが今日中なのです。」

「△△が今週中なので、今週末が期限であれば
何とかできると思うのですが、いかがでしょうか?」


そうすると、上司は

「そうか、これは今日中だから他の奴にやってもらうか」

あるいは、

「そうか、じゃあそんなに急ぎではないから今週中でOKだ」

というように解決するかもしれません。



もちろんすべてがそううまくは行かないとは思いますが、

自分の期待と相手の期待を明確にして
それを元に確認し合うことで、
問題が解決して、必要以上にイライラしなくても
良いかもしれないのです。

もし日常生活で、ムカッ!イラッ!ブチッ!と来たら

まずは自分の中にある「予定」と「役割期待」を確認してみましょう。

きっと怒りが解消される方に進むと思いますよ。




今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


自分らしさ ブログランキングへ



もし、「自分の中にも色々ブレーキがありそうだな?」
と感じられたら、是非メール講座をお読みください。

【無料メール講座】
「心のブレーキを解除して、
なりたい自分を手に入れる5つのステップ」


このメール講座では、

・自分の心のブレーキを見つけ出す方法
・本当の自分を見つけ出す方法
・心のブレーキを解除する具体的手法
・さらに加速する方法

などをお伝えしています。

ご登録はこちらから!





心のブレーキの外し方 ブレーキ解除セラピー

コメント


認証コード2659

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional