自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群(IBS)という疾患があります。

過敏性腸症候群(IBS)

これは病院での診察や検査を受けても特に異常が見られないにも関わらず、腹痛や腹部不快感、便秘や下痢が慢性的にくり返される便通異常をともなう疾患のことを言います。現代のストレス社会では急増している病気の一つとされています。

症状としては、下痢を繰り返す「下痢型」、便秘を繰り返す「便秘型」、そしてその両方が交互に繰り返す「混合型」があります。

この症状の問題点は、日常生活に支障を来す点にあります。

例えば学生であれば授業や講義中、社会人であれば会議中、その他にも外出や外食、旅行など、すぐにはトイレに行けないような場面に大きな不安を抱きます。

「また便意をもよおすのではないか…」
「トイレに行きたくなったらどうしよう…」

という予期不安が大きくなり、その行動自体がとりにくくなります。

その結果、人によっては登校拒否や出社拒否、退職などに追い込まれてしまう方もいます。

何度病院に行って検査をしても異常は見つからず、お薬を処方されてもなかなか良くならないため、常にその不安と戦っている状態です。

また心療内科や心理カウンセラーの元を訪れても、

「あまり気にしないで下さい」
「ストレスをためないで下さい」
「リラックスを心がけて下さい」

といったアドバイスをもらうケースも多く、

「気にしなくも気になるし、この症状自体がストレスになるし、リラックスなどできない」という思いが強くなるだけということもあります。


では、この「過敏性腸症候群(IBS)」はどうして起きるのでしょうか?

過敏性腸症候群(IBS)の原因とは一体なんなのでしょうか?


>>過敏性腸症候群(IBS)の原因とは?



恐怖症トラウマの急速解消セラピー




今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


自分らしさ ブログランキングへ



もし、今のあなたが自分にOKが出せないのでしたら是非こちらをお読みください。

【無料メール講座】自分にOKを出すココロの講座

このココロ講座では以下のことがわかります。

・自分にOKを出すと得られる5つのメリット
・今の自分を正しく理解するコツ
生きるヒントを発見する6ステップ
・人間関係を劇的に改善させる「秘密の言葉」
・心のブレーキを解除して自分らしい人生を歩むための5つのステップ
・欠点を克服せずに転換する方法

その他にも、あなたの心を軽やかにする「なるほど!情報」が満載です。

ご登録はこちらから!


コメント


認証コード7733

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional