自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

矢沢永吉「アー・ユー・ハッピー?」

矢沢永吉「アー・ユー・ハッピー?」

矢沢の永ちゃん「本当のツッパリとは?」

こんにちは、ブレーキ解除セラピストの中村です。

還暦を過ぎてもバリバリ活動している矢沢永吉さん。

男から見ても「超カッコいい!!」と思いますよね。

実は永ちゃんは2冊の本を出しています。

1980年発売の「成り上がり」は
マイナスから這い上がって来た
28歳のイケイケどんどんの永ちゃん。

それから24年後の2004年発売の
「アー・ユー・ハッピー?」は
人生の酸いも甘いも経験した後の
50代の永ちゃん。

どちらも糸井重里さんがインタビューして
永ちゃんの深い部分を引き出したもの。

そして、どちらも「矢沢永吉…スゲーー!」
と一気にファンになってしまいます。

ファンなんて軽く言うと本物の永ちゃんファンから
お叱りを受けそうですが(笑)

音楽ファンというか、本を読んで生き様のファンに
なったという感じですね。

あ、ベストCD1枚だけ持っています(汗)

いずれは本物の永ちゃんパワーを肌で感じたいなぁとも
思っています。

さて、そんな矢沢永吉さんの
「アー・ユー・ハッピー?」から一つ。

オレは逃げるわけにはいかない。
開き直って、オレは矢沢永吉を張って、
とことん突き進んでやる。

いろんなヤツがそれを見るだろう。

会社でリストラに遭っているヤツ、
子どもが不登校になっちゃって悩んでいるヤツ、
女房との仲がうまくいかないヤツ、
でかい借金抱えちゃっているヤツ。

ましてやオレと同世代の四十代、五十代になってくると、
みんな社会的に責任があり、家に帰ればお父さんだ。
男は孤独だ。男は大変だ。色々引きずっていて。

そんないろいろ引きずった男たちが矢沢を見る。

「あの人、倒れないな。倒れるどころか、
パワーを上げまくっているじゃないか」
そう思いながらオレを見る。

「ぼくはじゃあ何をしているんだ?一般人だからって、
何もしなくてもいいのか。一般人には一般人なりの、
ツッパリがなきゃいけないんじゃないか?」

矢沢を見てて、そんなふうに思ってくれる。

「ぼくはなにちっちゃなことでぐずぐずしているんだろう。
永ちゃんを見てみろ。オーストラリアで腹心に裏切られて、
三十億円も失って、借金抱えても、それでもはね除けて
やっているじゃないか。ぼくもがんばらなきゃいけないな」

そう考えるヤツがいるかもしれない。

う~ん、カッコいい!

長くなるので続きは、また明日。



心のブレーキの外し方 ブレーキ解除セラピー

コメント


認証コード6924

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional