自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

自己責任を持つと人生が開ける!

自分にOKを出す心の講座人生、生き方のヒント自己責任を持つと人生が開ける!

自己責任を持つと人生が開ける!

赤面症に悩まれているメールマガジンの読者さまからこのようなメールを頂きました。

赤面症で本当に悩んでいます。話すのも避けてしまうためか、人間関係がうまく築けません、もう40歳なのに…。

中村さんのプログラムを知って、諦めていた赤面症から脱出できそうな気持ちになりました。赤面症は本当に治したいです。

でも正直に言うと教材の費用は私(我が家)の家計にとってはとても大きい支出なのです。経済的な悩みを抱え、購入を決断する時間も十分にない私のような者は、プログラムへの参加を諦めるしかないのでしょうか。

失礼な文章でしたら申し訳ありません。お返事よろしくお願いいたします。



この質問への私の回答をそのままご紹介します。

こんにちは中村です。
お問合わせありがとうございます。

ノウハウを買わなければ赤面症が治らないわけではないと思います。

赤面症に関する捉え方や意識の仕方、改善方法などは◯◯さまにもご登録頂いております「無料レポート」でも出し惜しみなく公開しています。
ですからまずはそちらを実践されてみてはいかがでしょうか。

無料小冊子の内容を真面目に続けて赤面症を克服された方もたくさんいらっしゃいます。

確かにノウハウの費用は安くはないと思います。

ただ、どこに価値を置くかによっても違ってくると思いますし、何と比較するのかにもよると思います。

私は何もノウハウがない状態からさまざまな試行錯誤をして赤面症を自力で克服しました。「もう逃げない!」「自分で人生を変えなきゃ!」「今度こそ諦めないぞ!」という強い決意があってこそ、そうなれたのだと思っています。

そんな試行錯誤やさまざまな方との関わりの中から導き出したノウハウですので、費用としては高くはないと思いますし、胸を張って提供しています。

ただやはりそれぞれの家計のご事情もあると思いますので、価値は認めても実質の費用がすんなりとは出せない方もいらっしゃるのは確かだと思います。

でも、赤面症克服に限らず、病院に何度も通うのにも費用がかかります。
大きな手術をする場合や、高度な教育を受ける際にはさらに高い費用がかかります。

それらを受けられるのかどうかは、やはりそれぞれの方の環境や状況、ご判断に委ねる他ないのが現実だと思います。

高度な癌の治療を受けられない人が「医者から見捨てられた!」「現代の医療費はどうしてこんなに高いのか!」と捉えるのか、それともすべては自己責任と受け入れるのかは人それぞれです。

また、◯◯さまがどうこうと言うことではありませんが、一般論として聞いて頂きたいのですが、

本当に何かを手に入れたいという場合には、それとは引き換えに他の何かを手放すことも大切です。

私はなんとか自分を変えようとした時には、子供が生まればかりの時でした。家計もギリギリで小遣いもちょっと。その小遣いをすべて書籍代や教材代、セミナー代に使いました。

高い教材やセミナーに行けないのは、高い値段を設定した講師のせいではありませんからね。その時点の自分にはそれを支払う金銭的余裕がなかっただけです。ですからその時には、他のことにはほとんどお金を使わず、毎月少しずつ貯めました。

「これは自分の人生を変えるのに必要か?」と問いかけると、それまでは意外と必要のないものばかりにお金を使っていたことに改めて気付かされました。

「教材高いです!」と言っている人が最新のスマホを分割で買っていたり、外食やファッションに無駄使いをている人も意外と多いです。本人は無駄だとは思っていないようですがね。

私のクライアントさんにも必死にバイトをして教材を買われる学生さんもいらっしゃいます。小さなお子さんをお持ちの主婦の方でも、外には出られないので在宅のパートをして費用を貯めたという方もいらっしゃいました。

人生を真剣に変えたいという時には、「無理」「できない」を「どうすればできるのか?」という意識に変え、それを行動に移すことが大切です。

これは赤面症克服への道にも共通する一番大切な姿勢です。

自分の人生は自分の人生です。
良いことも悪いこともすべて自己責任と言う意識が大切です。

「会社の給料が安い!」と文句を言っている人がいますが、その会社を選んだのは自分です。

現代の日本では職業選択の自由がありますから、もっと給料の高い会社を探して転職することもできるはずです。でも今の会社にい続けるのは自分の選択です。

「会社が嫌なら転職すれば?」と言うと「私には転職できるほどの能力や実績がありません!」と威張る人もいます。しかしそれは、これまで能力をつけて来なかった自分の責任です。会社のせいでも他人のせいでもありません。

「旦那が全然協力してくれない!」と文句を言っている人も、その旦那を選んだのは自分です。

これらは「すべて自分が悪い」ということを言っているわけでも、「自分を責めろ」ということを言っているわけでも決してありません。

世の中を見渡すと「今の自分の状態や環境はすべて過去の自分の選択の結果である」という自己責任意識を持って人生を歩んでいる人は非常に少ないです。

しかし他力本願や他人のせいにすることを手放すことで初めて自分の人生が手に入ります。

両手いっぱいに荷物を持っていては新たな物は持てません。欲しいものを手に入れるには、今持っている他のものを手放すことが大切です。


「もう40歳」

世間一般的にはそう感じる方も多いでしょう。

しかし40歳はまだまだ人生の中間地点です。

私が起業したのも40歳です。周りからは「そんな歳でバカか!?」などと揶揄もされました(笑)

しかし、人生を変えるのには歳は関係ありません。

40歳で人間関係が築けていなくてもこれから築いていけば良いだけです。

劣等感や不安、心配が多かった人ほど、そしてその期間が長かった人ほど、優しさと秘めたパワーを持っています。

「なんとしかしたい!」という向上心も生まれます。

そのために大切なのは「諦めない心」です。

「諦めていた赤面症…」
「プログラムへの参加を諦めるしかない…」

ぜひ目の前の状況だけで人生を諦めないでください!

赤面症に悩んでいた時の私はなんでもすぐに諦めていました。本当は自分の頑張りや努力が足りないのに、そしてを全部赤面症にせいにしていました。

しかし、そんな「諦め精神」や「逃げ」が実は赤面症を作り出していたのです。
それに気づけてからは人生が変わりました。

マラソンでまだ中間地点にしかたどり着いていないのに、ゴールを諦めるのはもったいないです。

「諦める」という言葉を極力使わないようにしてください。

赤面症を諦める→赤面症を克服するにはどうしたら良いのか?
プログラム参加を諦める→プログラムに参加するにはどうしら良いのか?

ぜひそういった「今後の行動」に視点を当てて下さい。

そうすると思わぬ時にまたチャンスが訪れるかもしれません。これ本当です。

ですから、まずは今の自分にできる精一杯のことをやってください。

わざわざこうして真剣にメールを書いて頂いているということは、それだけ◯◯さんが真剣だということだと思います。

そしてその真剣さがあれば一歩ずつ着実に前に進めると思います。

今の自分はこれまでの人生が作り上げてきました。
しかし、これからの人生はこれからの自分が作り出します。

ぜひまずは無料小冊子から始めてみてください。

有料ノウハウは「まあ今回はご縁がなかったんだな」という感じで良いと思います。何度も言いますが、それだけが赤面症克服への唯一の道ではないですし、またチャンスが来るかもしれません。

これだけ真剣な◯◯さんなら、どんな道を進んでも必ず赤面症克服への道は開ける!私はそう思います。


以上、かなり厳しい意見も書きましたので、嫌な気分にもなられたかもしれません。しかし、それが私が素直に感じていることです。

真剣にメールを頂いたので、私も真剣に書かせていただきました。

私こそ失礼な文章でしたら申し訳ございませんm(_ _)m


この方にこのメールをお送りした2日後に、プログラム参加のお申し込みを頂きました。

まさに「諦める」を手放し、「自己責任」の道を選ばれたのです。

上の回答にも書いていますが、自分の人生は自分のものです。そして今の自分の状況は過去に自分が選択して来た結果です。

「今の自分は過去の自分が作り出しているんだ!」
「だからこそ未来の自分は今の自分が創り出すんだ!」

と、自分の人生に責任を持って初めて、自分の力で人生を歩めるようになるのです。

「自己責任を持つ」と聞くと何か窮屈で厳しいイメージがします。

しかし、人生への自己責任が真の自由と喜びを生み出すのです。

あなたは自己責任持っていますか?



ココロの無料メール講座


関連記事

  • 自己責任を持つと人生が開ける!

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional