自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

自分の心のブレーキに気づき解除する方法

自分にOKを出す心の講座性格の悩みと自己変革自分の心のブレーキに気づき解除する方法

自分の心のブレーキに気づき解除する方法

自分のブレーキ」とは何でしょうか?

心のブレーキとは、すべて自分の中にあるものです。
ですからすべてのブレーキは「自分のブレーキ」とも言えます。

そこで、ここで言う「自分のブレーキ」とは自分に対するブレーキと言い換えた方がいいかもしれません。

では自分に対するブレーキとは何でしょうか?

それは日常生活のさまざまな瞬間で感じる苦手意識やコンプレックス、抵抗感、恐怖や不安などです。

その代表的な例をいくつかご紹介します。

自分のブレーキに代表例

まずは自分の行動を抑制してしまうようなブレーキです。
その代表例が恐怖症ですね。

・高所恐怖症
・閉所恐怖症
・犬恐怖症
・男性、女性恐怖症

などの恐怖症を持っていると本来とるべき行動が取れなかったり、とりたくない行動をとらなくては行けない場合もあります。

例えば高所恐怖症の人。

本当は「東京スカイツリーやエッフェル塔などにも上ってみたい!」という願望はあるのですが、それができません。

また極度の高所恐怖症の人の中には、歩道橋が渡れないと言う人もいます。

そんな人は目の前に歩道橋があってもそれを渡らずに、少し離れた横断歩道までわざわざ遠回りしなければいけない。という行動を取らざるを得ないのです。

自分のブレーキには他にも「コンプレックス」があります。

・父親、母親、兄弟に対してのコンプレックス

・学歴コンプレックス

・自分の体型や容姿に関してのコンプレックス

・自分の能力に対してのコンプレックス

これらも心のブレーキと言えます。

「プレッシャーに弱い」と言うブレーキを持っている人もいるかもしれません。
大事な場面になると、ミスをしてしまったり、体調を崩してしまう。と言う人もいるのではないでしょうか。

他には、

・心から楽しめない

・自分が嫌い

・あらゆることに自信がない

・すぐにキレてしまう

・他人を妬ましく感じる

・周りと自分をすぐに比較してしまう

・異常なほどの負けず嫌い

・完璧を目指していつも現状に満足できない

・周りが悪くて自分は被害者だとおもっている

など、あげればきりがありません。

では自分の中に潜むブレーキの存在に気づくにはどうすればよいのでしょうか?

それには「あること」に注目すれば良いのです。

自分のブレーキを発見する方法とは?

自分の中には苦手意識やコンプレックス、抵抗感、恐怖症、トラウマ、不安などさまざまなブレーキが存在します。

ではそんな、自分でもなかなか気がつかない心のブレーキを見つけ出すにはどうすれば良いのでしょうか?

それはあることに意識を向けることがポイントです。

そのあることとは…

「身体感覚」です。

それもネガティブな感覚です。

ネガティブな感覚とは例えば、

・イライラ
・ムカムカ
・嫉妬
・悔しさ
・憎らしさ
・劣等感
・憂鬱
・悲しみ
・悲観
・不安
・やるせなさ
・情けなさ

といったマイナスな感情です。

そしてそんな感情が表に表れて

・胸が締め付けられる
・気持ちが重い
・息が苦しい
・不安でいても立ってもいられなくなる
・どんよりしたブルーな気分になる
・居心地が悪くその場から離れたくなる
・行き詰まり感
・湧き上がる抑えられない感情
・胸やお腹がムカムカする
・スッキリしない胸のモヤモア感
・胸やお腹に感じる鈍い重さ
・体が熱くなる
・頭に血が上る
・ブルブル震えだす
・体に力が入りこわばる

といった体で感じる違和感です。

こんな違和感を感じたなら、それは心のブレーキに通じている可能性が高いのです。


例えば、自分に自信満々で、常に自分をアピールするような人。

こんな人を目の前にしたり、その活躍を知ったときに何とも言えない違和感を感じたとします。

その違和感とは、例えば

・胸がムカムカする
・胸が締め付けられる
・体が熱くなる
・お腹の辺りがどんより重くなる

そんな身体感覚を感じたとします。

このような感覚は心のブレーキが表に出てきたサインの一つです。

自転車でも車でもブレーキを強くかけなければいけない時はどんな時でしょうか?

スピードが出すぎた時や減速する時ですよね。

要は、さらに前へ前へ進もうとする力に対してその反対の力をかけようとするのがブレーキの役割です。

では、先ほどの場合にはどうでしょうか?

自分に自信満々で、常に自分をアピールするような人に対して違和感を感じた。

おそらく、こう感じたということは違和感を感じた本人は自分に自信がなく、自分をアピールすることが苦手、というケースが多いのです。

その反面、

「もっと自分に自信を持ちたい!」

「もっと自分をアピールしたい!」

と心の底では思っているのです。
でもなぜかそれができない。

その原因が「心のブレーキ」かもしれないのです。

「本当はもっと自分を前に出したい!」でもそれを【逆の価値観】が抑えているのです。

【逆の価値観】とは、

例えば

「目立っちゃいけない!」

「出しゃばっちゃいけない!」

といった価値観などです。

そうすると、どうなるのか?

自分以外に目立っている人や自己アピールをしている人を見るとその価値観が過剰反応を示すのです。

これは犬恐怖症の人が犬を見た途端にブルブル震えだすのと一緒です。

出しゃばっている人を見たとたんに「出しゃばっちゃいけない!」と言う価値観がブルブル震えだすのです。

それが「体の違和感」という身体感覚に現れるのです。

ですからまずは、自分が

・いつ
・どんな場面で
・誰に対して
・どんな違和感を感じるのか

その違和感を消そうとしたり、気づかないふりをするのではなく、

「この違和感の裏には、どんな価値観が潜んでいるんだろう?」
と言う気持ちを持ってください。

そうすると、自分の中にある「心のブレーキ」が段々と浮き彫りになってくるのです。

心のブレーキは「透明な価値観」です。

ですからそのブレーキを解除するためにはまずはその「透明な価値観」に気がつくことが何よりも大切なのです。



無料メール講座登録:「不安・苦手」を「自信」に変える!

悩みを解消して人生を好転させる方法を無料メール講座で30日間に渡ってお伝えしています。

無料メール講座を受講する


関連記事

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional