自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

自分のパターンを知り自信をつける

自分にOKを出す心の講座自信をつける方法自分のパターンを知り自信をつける方法

自分のパターンを知り自信をつける方法

自分のパターンを知る

「自分は全然成長していない…」
「失敗ばかりしている…」
「うまく行ったためしがない…」
「人より劣っている…」

このように自分に自信を失っている方も少なくないと思います。勉強、仕事、恋愛、人間関係、家族関係、子育てなど、様々なシーンで自分の力不足を感じてしまうのです。

では、自分に成長を感じられないときには、一体どうすれば良いのでしょうか?

自信をつけるシンプルな方法

私は心理セラピーやセミナーの他に企業研修も行っています。
その研修の中で「振り返り」という作業をやってもらいます。

例えば、入社2年目の社員。

できることよりもできないことの方が多い新入社員の時期、誰しも社会人経験が乏しく、知識、スキル共に力不足を感じています。

そして自信を失いかけている人も多いのです。

そんな時、この1年間を振り返ってもらうのです。

プラスの出来事もマイナスの出来事も全て書き出してもらいます。

そして、時系列に感情の波をグラフで表示してもらいます。

・入社式から研修の時はワクワクして意欲的だったな
・配属した時は不安が大きかったな
・仕事を覚えられずに怒られてばっかりいた時はしんどかったな
・先輩に同行して現場に行けた時はやりがいを感じられたな
・あの仕事は失敗して凹んだけど、社会人の姿勢が学べたな

という感じで、出来事とモチベーションや意欲の波を視覚化します。

そしてその時々に何を感じ、何を学び、どんな知識やスキルが身についたいのか?人脈は?どんな気づきを得られたのか?というように、自分が獲得したリソース(資産)をどんどん書き出します。

振り返り

すると、こんな気づきが得られます。

「失敗ばっかりだと思ってたけど、うまく行った時もあったな!」
「辛かったけどあの出来事があったから今失敗せずに済んでるな!」
「段々と仕事のスピードが上がって来てるな!」
「初めできなかったことも今ではできるようになってるな!」

このような「成長」に気づけるのです。

さらに、グラフと気づきを見渡して、自分はどんな時に意欲やモチベーションが高まり、どんな時に下がるのか?という傾向を客観的に探ります。

すると、例えば

  • 人と直接接してる時にやりがいを感じるな
  • 仕事を任された時にテンションが上がるな
  • 貢献できていない時に落ち込むな
  • 仕事量が減ったときに不安になるな
  • 忙しいと余裕がなくなるな

などなど、自分のモチベーションのパターンが見えてくるのです。

「振り返り」3つのメリット

過去を振り返り内省するとこんなことが起きます。

1.気づけなかった自分の成長に気付ける

成長気づける!

自分とは24時間365日一緒にいます。ですから誰でも自分の成長は自分では気づきにくいのです。だからこそ、あえて「振り返り」という時間をしっかりと持つことで、気づけなかった成長の足跡に気づけるのです。

そして自分の成長に気づけば気づくほど、自分に自信が持てるようになるのです。


2.感情起伏のパターンがわかる

感情の起伏

自分はどんな時にモチベーションが上がるのか?逆にどんな時に落ち込むのか?

というパターンがなんとなくでも見えて来ると、自分を客観視できるようになります。

すると何か失敗をして落ち込んだ時などに、「あ、これって自分の落ち込みパターンだな!」と気づけるのです。

私たちが一番辛い状態は「不安や辛さと一体化している時」です。不安や辛さの「底なし沼」にどっぷりとハマっている状態です。

そんな状態から「あ、今いつものパターンにハマってるぞ!」と気づけた時点でその底なし沼から抜け出せるのです。


3.今後の課題がわかる

課題

過去を振り返ることで、自分に示されたきた課題も見えてきます。

例えば、自分の意見を言う事が苦手だったり、時間管理が苦手だったり、コミュニケーションが苦手だったり、文章作成が苦手だったり…など、自分の課題が見えてきます。

苦手なことを単に「苦手なこと」「嫌いなこと」で済ませると、いつになっても克服できません。実は私たちが一番大きく成長できるのは、苦手を克服できたときです。

苦手なことや嫌いなことは誰でもやりたくありません。しかし、「もし克服できたらもっと素敵になれる!」と自分でわかっているのなら、ぜひ「課題」としてそのことにトライしてみてましょう。

もちろん完璧に克服できなくても大丈夫です。苦手を得意にしなくても大丈夫です。「あまり好きじゃないけど、人並みにこなせる程度」になれただけでも、ずいぶんと自信がつくものです。

ゆとりの時間を作る

日々忙しい私たち。なかなか自分としっかりと向き合ったり、振り返る時間が取れません。しかし、自分と向き合う時間は自信をつける上でも、人生をより良いものするためにもとても大切な時間です。

ぜひあなたも、意図的に一人でゆっくりとできる時間を作ってみてください。

オススメは「朝の時間帯」です。

ゆったり自分と向き合う

平日はドタバタ忙しいのなら、休日にちょっと早起きしてカフェでコーヒーを飲みながら自分と向き合う。家族が起きる前の静な空間で自分と向き合う。

朝は脳が真っさらな状態です。そんな身心ともにフレッシュな時に、ぜひゆったりと自分と過ごしてみてください。

きっと心が静まり、さまざまなことに気づけると思います!



「不安・苦手」を「自信」に変える:無料メール講座登録

ココロの無料メール講座



関連ページ

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional