自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

仕事のブレーキ

自分にOKを出す心の講座悩みの構造図を知る仕事のブレーキ

仕事のブレーキ

仕事のブレーキ

私たちは社会人になると起きている時間の70%以上、多い人では90%近くの時間を仕事に費やしています。24歳から60歳までの36年間働くとすると、人生での一番元気で有意義な時間のほとんどを会社で過ごしてるということになります。

もしこの人生での膨大な仕事の時間が不安や不満でいっぱいだったら、どうでしょうか?とても辛くそして悲しいですよね。

せっかくご縁があった会社や仕事です。どうせなら楽しいまでも行かなくても、極力ストレスがなく、やりがいを持って仕事に励みたいですよね。

しかし、現実はというと

  • うまく行かないこと
  • 悩んでしまうこと
  • イライラすること
  • がっかりすること
  • 自信を失うこと

など、良くないことの方が多いかもしれませんね。

そんな仕事や職場で生まれる大きなストレスの原因のひとつが「仕事のブレーキ」なのです。

では仕事に関するブレーキとは何でしょうか?

仕事のブレーキとは?

例えば仕事上の問題点には以下のようなものがあります。

  • 寝坊、遅刻が治らない
  • 職場での人間関係がうまく行かない
  • いじめ、セクハラ、パワハラが辛い
  • 言うことを聞かない部下
  • どの職場に行っても同じよな嫌な上司がいる
  • 会議やプレゼンが苦手
  • お客さんとうまく話せない
  • 成績が悪い
  • 仕事が遅い
  • 自分の頭で考えられない
  • 怖くて前に進めない
  • 「NO!」と言えない
  • 自分の意見を主張できない
  • やる気が出ない
  • 集中できない
  • 人と比較してしまう
  • 劣等感が強い
  • うまく行く自信がない
  • 出世が遅い

などなど、あげればきりがないくらい仕事や職場での問題はたくさんあります。

でも一つだけ言えることがあります。

それは、【問題点は人それぞれ】ということです。
当たり前ですよね。

また同時にこういうことも言えます。

例えば「職場での人間関係がうまくいかない」と感じている人がいる一方、同じ職場にいても、特に人間関係にストレスを感じずに仕事をしている人もいる。ということです。

では人によってストレスを感じたり感じなかったりする「違い」は何なのでしょうか?

もちろん本人の「性格」という要素は大きいかもしれません。
でも、自分では性格が問題だと思っていたことでも実は心のブレーキが原因だったりもするのです。

仕事のブレーキの根源とは?

以前の私の体験をご紹介します。

私は自分一人で処理をする仕事は比較的サクサクこなしていました。

自分で処理する仕事とは、例えば書類や資料作成などですね。これらは得意でした。

しかし、その資料作成の中に人に相談しなければ進められない要素が入ってしまうと、途端に先に進めなくなってしまっていたのです。

要は、「人に相談ができない」のです。

このことは他の仕事にも大きく影響しました。「早目に話をしなければいけない…」とは思っていても、いざ相談に行こうとすると本当にブレーキがかかったように前に進めなくなるのです。

相談する相手の近くまで行って引き返したり、そのまま素通りしたり、無意味に行ったり来たりしていました(笑)

今となっては笑い話ですが、本当にそんなわけのわからない行動をとっていました。

ではこの原因は何だったのでしょうか?

それは…

私の中には、
「人に相談してはいけない!」
「人に助けを求めてはいけない!」

という強い価値観があったのです。

この価値観が根付いたのは幼少期でした。

私の父親は学校の先生でした。そこで小学校に入学してから父に何度か勉強を教えてもらったことがあったのです。

でもそのたびに父は、すぐに理解できない私を叱りつけ、しまいには叩くありさまです。

父に勉強を聞き行けば必ず痛い目にあう、そして嫌な体験をしてしまったのです。

そうすると私の潜在意識はどんな判断を下すのでしょうか?

「人に相談したり、助けを求めることは自分を傷つける」と言う判断を下したのです。

その結果
「人に相談してはいけない!」
「人に助けを求めてはいけない!」
と言う価値観が出来上がってしまったのです。

ですからそれから高校を卒業するまで私は一切父親に勉強を教えてもらうことはしませんでした。

そして、勉強だけではなく、あらゆる面で人に相談することが苦手になってしまったのです。

このように、幼少期のほんの些細な出来事がその後の人生に多大な影響を与え場合も多いのです。そして、それが良い影響ならありがたいですが、多くの場合には自分の足を引っ張る方向に進む傾向があるのです。

私はその後、このブレーキを解除することができました。

すると、人に相談したり助けを求めることに対して強い抵抗感がなくなったのです。

素直に「○○で困ってるんだけど、手伝ってくれない?」と言えるようになったのです。

この変化は私にとってはとても大きな変化だったのです。

今のあなたが抱える問題点。その原因はもしかすると、自分でも気がついていない「心のブレーキ」かもしれませんよ。

まずはその存在に気がついてみませんか?




あなたの心に潜む他のブレーキは?

人間関係のブレーキ仕事のブレーキ恋愛のブレーキ

お金のブレーキ自分のブレーキ夢・人生のブレーキ



無料メール講座登録:「不安・苦手」を「自信」に変える!

悩みを解消して人生を好転させる方法を無料メール講座で30日間に渡ってお伝えしています。

無料メール講座を受講する


関連ページ

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional