自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

不安と上手に向き合う方法

自分にOKを出す心の講座不安、ネガティブ思考解消法不安と上手に向き合う方法

不安と上手に向き合う方法

私たちは1日に5万回も頭の中で思考を巡らせているそうです。

思考

試しに1分間だけ何も考えないでいてください。

おそらく何らかのイメージや想いが勝手に浮かんで来ると思います。

そして頭を巡る思考の8割がどちらかというとネガティブな思考だそうです。

  • 日常、あるいは人生ですべきこと
  • 他人が自分をどう思っているのか?
  • 過去の失敗への後悔、嘆き
  • 未来に何が起こるのか?

そんなことが、まるでひっきりなしに流れるラジオ放送のように、頭の中に鳴り響いているのです。

ラジオ放送

あなたにもこんなことがあると思います。

自分では考えたくないのに、どうしても頭から離れない不安や心配や恐れなどが、雪だるま式に大きくなっていく。

ではそんな不安をどう対処すれば良いのでしょうか?

色々な方法があるのですが、今日はある簡単な方法をお教えします。

思考は現実ではない!

本来、不安や心配などの思考は実在しません。一つの概念やイメージに過ぎません。

進化の過程で言語を使いこなすようになった我々人間が作り出したイメージなのです。

ですから、思考していることも必ずしも事実ではないということなんですね。

例えば、来週の会議で発表しなければいけない…

「うまく話せるか不安だ…」
「失敗したらどうしよう…」
「できない奴と思われたら嫌だな…」

など、ネガティブな思考が働いたとします。

でも実際に会議が終わったら。別に大したことなかった。心配するほどのことでもなかった。ということもよくあると思います。

あなたはこれまでの人生でさまざまな体験をしてきたと思います。その中には不安や心配の大きかった出来事もあったと思います。

でも今こうしてここにいる。ということは、それらの心配を乗り越えてこられたということも言えます。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ではないですが、飲む前が一番不安なのです。

「ちゃんと飲めるかな?」
「熱くないかな?」
「吐き出さないかな?」

という心配もありますが、実際に飲んでみると確かに一瞬は熱いですが、すぐにその熱さも過ぎ去ってしまいます。

ですから「不安だ、心配だ…」という「思考」と「事実」は全く別ものなのです。でも頭の中でイメージされる思考が、あたかも現実のように思い込んでしまうのです。

思考と現実を切り離す

では本物と思い込んでいる「思考」を切り離す方法をお教えします。

まず何かネガティブな思考が頭を支配しはじめたら、こう質問します。

「この思考は自分に喜びや勇気を与えるものか?」

例えば、「自分は能力がない」という思考が浮かんだら、それは自分に喜びや勇気を与えるのか?と自問します。

これは明らかに喜びや勇気を与えてくれませんよね。「能力がない」という思考のせいで、自信を失ったりやる気がなくなったりしますからね。

それがわかったら次にこの構文に思考を当てはめます。

《私は「○○」という考えを持っている。》

この場合は、《私は「自分は能力がない」という考えを持っている》となるわけです。


これは実際にやってみないとその感覚がわかりませんので、ぜひ今すぐ実践してみてください。

まずあなたが今いつも考え自分をネガティブな感情にしてしまう思考を頭の中で考えてみてください。

「私は◯◯だ!」という自分に関することがいいですね。

そしてそれに10秒間集中して、できるだけ真実だと思い込んでください。

十分感じられたら、次に《私は「私は◯◯だ!」という考えを持ている》という構文に当てはめてその思考に集中してください。


どうですか?

どんな違いがありますか?


おそらく構文に当てはめた方が、何かそのネガティブな思考から抜け出せたような、一歩引い眺めているような感覚がしませんでしたか?

1度で感じられないのでしたら、何度か繰り返してみてください。これも慣れとコツをつかむのが大切です。

「私は◯◯だ」という思考以外にも、

  • 「人生は◯◯だ」
  • 「将来は◯◯だ」
  • 「人は◯◯だ」
  • 「男性(女性)は◯◯だ」

など、何にでも当てはめられます。

そして構文に当てはめると、それまではその思考が事実であるようにどっぷりと浸かっていたのが、「一つの考えに過ぎないんだ」「それ以外にも思考はたくさんあるんだ」と、客観的に思考を眺められるのです。

そして客観的に眺めれられた時点で、すでにその思考と現実を切り離せているのです。


実は不安は消す必要はないのです。不安をただの言葉、ただの思考として見るだけで、不安の支配から抜け出せるのです。

ぜひ自分を不安にさせる思考が頭をよぎったら、

《私は「◯◯」という考えを持っている》

という構文に当てはめてみてください。

きっと心がスッと軽くなると思います。



ココロの無料メール講座


関連ページ

  • ネガティブ思考の本当の原因
  • チャレンジに自信がない時



powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional