自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

セルフイメージを高める方法

自分にOKを出す心の講座自信をつける方法セルフイメージを高める方法

セルフイメージを高める方法

自分はセルフイメージが低いと感じている人もいると思います。

しかし、「実は私たちは誰でもセルフイメージが高いのです」と聞くと信じられますか?

たとえば赤ちゃんを例に説明しましょう。

セルフイメージの低い赤ちゃんというのを聞いたことがありますか?

「立って歩くなんて自分には無理…」

そういじけて立ち上がろうとしない赤ちゃん。。

そんな赤ちゃんはいませんよね(笑)

あなたも同じだったはずです。

赤ちゃんだったころのあなたは「何でもできる!」と信じきっていた思っていたはずです。

「自分は何でもできる!」と何の疑いもなく信じていたはずです。

つまり、私たちのセルフイメージは本来は高い状態なのです。

しかし、さまざまな過去の体験によってネガティブなセルフイメージを自分にどんどん貼り付けて来たのです。

低くなったセルフイメージを高める方法

ではセルフイメージを高めるにはどうすればよいのでしょうか?

「自分に自信がない…」
「セルフイメージが低い…」

そんなときによく言われるのが「小さな成功体験を積みましょう!」という言葉です。

確かにコツコツと小さな行動を起こすことは大切です。

でも、見逃されている大きな問題があります。

それは、そもそもセルフイメージが低い状態では、例え小さな行動を起こしてもそれを成功と感じたり、成長とは思えないということです。

セルフイメージが低い状態は「自分=NG」な状態です。

ですから、どんな行動を起こしてもなかなかNGの枠を超えられないのです。

しかも小さな行動になればなるほど余計に「当たり前で些細なこと」にしか感じられないのです。

ではどうしたら良いのでしょうか?

それは感じることです。

頭でいくら自分の行動や能力を評価しようとしても、それはとても難しいのです。

心にウソはつけませんからね。

ですから頭で考えるのではなく、感じるのです。

では何を感じるのか?

それは過去未来です。

1.過去のイキイキしていた頃の自分
2.なりたい自分になった後にしたいこと

この2つを疑似体験するのです。

五感を使って体験すると、例えそれが想像の世界でも体が本物のように反応します。

レモンをすするイメージをしたときによだれが出たり、映画を見て心臓がバクバクするのと同じように、潜在意識はイメージと現実を区別できないのです。

ですから、例え頭ではプラスの自分を感じられなくても、イメージで感じれば、それは本当に感じていることと同じになるのです。

自分に自信がなくなったときには「過去のイキイキしていた頃の自分」を感じる。

そして「なりたい自分になった後にしたいこと」をイメージする。

この2つを繰り返し実践してみてください。

きっと心が軽くなり、セルフイメージが改善されて前向きに変わるはずです。



「不安・苦手」を「自信」に変える:無料メール講座登録

ココロの無料メール講座



関連ページ

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional